· 

【文春オンライン】鳥栖市いじめ後遺症訴訟

 文春オンラインに「≪鳥栖市いじめ後遺症訴訟.≫カッターをカチカチと鳴らしながら振り下ろし…いじめは認定でも、学校側の責任は不問に控訴審判決をレポートする」(渋井哲也)が掲載されています。

 福岡高判令和3年7月12日は、加害生徒らの凄惨ないじめ行為を認定しながらも、いじめの実態を解明せず、対応を怠った学校の責任は否定しました。またPTSDの認定についても極めて疑問があります。被害生徒は実名を出しながら現在上告中です。

 学校の見て見ぬふりを許す司法判断が是正されなければ、いじめはなくなりません。最高裁において上告が受理され、原判決の見直しと適正な判断が下されるよう被害生徒や家族・支援者・弁護団(弁護団長渡部吉泰弁護士)で取り組んでおります。

 

【NHK】悪質いじめ「僕は“実名・顔出し”で闘う」

【NHK】「僕は佐藤和威を取り戻す」

【NHK】【ストーリーズ】事件の涙] “本当の自分”を取り戻すために | NHK

 

 

【NHK】いじめ被害で係争中の鳥栖市の男性 最高裁に向け署名活動へ

【東洋経済】エアガンで撃たれても遊び?いじめ裁判の難点 被害者はPTSDになり、今も苦しみ続けている

【サンデー毎日】ジャーナリスト・斎藤貴男 渾身のルポ 被害家族を襲う不条理 佐賀・鳥栖"いじめ"事件の奈落